釣具廠出的特輯總是會有許多參考資料,如同SHIMANO的這本一樣,點出了專攻黑鯛的各個釣法的精神與重點,請各位在踏入一個玩法之前,先了解一下那個玩法的精神與操作吧~~~  這樣才會了解樂趣在何處。

 

 

 

 

 

2011年SHIMANO的黑鯛特輯,區分為浮游磯釣、筏釣、ヘチ釣、紀州釣、落入/前打,雖然說整個看起來也是一部商品目錄,卻是有提到簡單的歷史起源、釣法的魅力樂趣以及釣組裝備的組合重點,有興趣的不仿看一下本主題最後的官網連結吧!!

 

同樣的,我主要也是玩ヘチ釣跟前打/落入,就針對這二種來做說明,事實上,這五年來我比較積極在論壇、部落格PO文、出沒,也是希望能誘使多些人來玩這些釣法,也告訴大家How To Play、Why To Play,說了五年的內容,在這部特輯中也有說到,麻煩大家看下去吧!!  歷史的部份就不說了!!  針對釣法魅力、釣組的構成來說,以下皆是從官網引用的圖片及內容。

 

 

釣法魅力的標題就直接點明表層的黑鯛落入釣法比較強,底部的黑鯛以前打釣法直接攻擊!!  中間的內文如下:

 

落とし込み釣りは、軽いオモリでエサをゆっくり落とし、上層にいる活性の高い黒鯛にエサを的確にアピールできる。沈んでいく目印が止まったり、急に引き込まれたりしたときがアタリ。合わせるとズシンとした重量感が味わえる。前打ち釣りは、底狙いが基本。しがみついたカニをはがして落とすなどの動作を繰り返すと、チヌからのアタリがコツコツと手元に伝わってくる。この瞬間に掛け合わせると至福のときが訪れる。

 

落入釣法,輕的咬鉛讓釣餌緩慢落下,使表層活性高的黑鯛能夠確實的就餌。  持續下沉的目印停止、快速被拉走的情況就是信號。揚竿作合後感覺到有重量感的趣味。  前打釣法,基本上是攻擊底層,反覆的操作著將緊抓著的螃蟹拉開再讓牠落下的動作,從黑鯛那邊會傳達扣扣扣的感覺到手上就是信號。這時候瞬間揚竿作合就會感覺到幸福快感。

 

 



釣組構成標題說落入釣法目印是必需品,前打釣法簡單的釣組。(シソプル simple)  內文如下:

 

3.6~5.3mの専用竿と専用リールを用いる。落とし込み釣りで使う目印は、浮力のある発泡シートなどをラインに均等に配置したもので、エサをゆっくり落下させ、その変化でアタリを伝えてくれる。前打ち釣りは、ハリスをチチワ結びで連結し、ハリオモリをセットするだけ。テトラやケーソンの底、障害物周りなどをタイトに攻めることができる。エサはイガイ、フジツボ、岩ガニ、イソギンチャク、パイプ虫などを季節に応じて選ぶ。

 

使用3.6~5.3m的專用竿及專用捲線器。  落入釣法使用的目印是釣線上平均配置有浮力發泡片的東西,在釣餌落下當中,靠那目印的變化傳達訊號。  前打釣法,子線用8字結連接,僅配置釣鉤及咬鉛。高頻率進攻沉箱底部消波塊、障礙點四周圍。  釣餌根據季節不同,挑選貽貝、藤壺、岩蟹、海葵、海蟲。

 

 


 

 

釣法魅力的標題就直接點明有鬆緊度落下的線,揚竿作合瞬間重量感的不同。  內文如下:

 

際としていく際、ラインは張らず緩めず、一定にして落とし込む。最適な落下速度は条件によって異なるので、その日のスピードを見つけることがカギ。ラインに何らかの変化があればアタリ。喰いがいいときは手元に伝わることも多い。合わせた瞬間の重量感と突っ込みは格別。ヘチ釣りは、落とすときにアクションをつけることが容易で、それが大事な点。キザミや止めが有効なアクションで、能動的に黒鯛にアピールできる。

 

在落下的時候,線的鬆緊度保持一定程度地落下。  根據條件的不同,最適當的落下速度有所不同,找到當天的速度是很關鍵的。  在線有一些變化的時候就是信號了。  就餌活性高的時候經常會吃到手邊。  揚竿作合的時,瞬間的重量感跟突然下竄是很特別的。 最重要的那一點,如能穩定的操作落下的動作,ヘチ釣是很容易的。 在停止的時刻給予致命ㄧ擊是主動獲取黑鯛的有效動作。


  


 

釣組構成標題說短竿最適合線的操作,少量重量的咬鉛做攻擊。  內文如下:

2.4~3m程度のヘチ竿と専用リールを使う。際狙いが主で、落下途中でストップさせる止めやキザミをまじえたライン操作がカギになるため、短めの竿が扱いやすい。道糸には感度の良いPEラインを使う人も多い。また、オモリのセレクトも重要。一般的な落とし込み釣りよりも少し重めのガン玉を使った方が釣りやすい。エサはメインのイガイをはじめフジツボ、岩ガニ、クモガニ、パイプ虫などを季節に応じて選ぶ。

 


使用2.4~3m程度的ヘチ竿和專用捲線器。  主要攻擊邊邊,落下途中停止的時刻操作色線給予致命一擊,短竿也比較容易使用。  母線很多人使用感度較好的PE線。  還有,咬鉛的選擇也很重要。用比一般落入釣還要重一點的咬鉛會比較好釣。 釣餌根據季節來挑選藤壺、岩蟹、蜘蛛蟹、海蟲對應。
 

 

以上內容,不知道看了之後大家會有怎樣的想法??  對於許多人都是一鉛打天下或是認為都是噱頭的看法有沒有改觀呢??  有興趣深入了解些的人,也歡迎爬爬部落格裡的文,大家一起研究吧!!  玩出不同的深度,然後再累計經驗之後,魚獲量就只是附加的結果罷了!!  到時候,會覺得樂趣會大於漁獲!!

 

 

 

本文內容及圖片引用自SHIMANO官網: http://fishing.shimano.co.jp/product/series/kurodai/index.html

 

創作者介紹
創作者 堤防行走人 的頭像
堤防行走人

堤防行走人の部落格

堤防行走人 發表在 痞客邦 留言(2) 人氣()